2008年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008年09月20日(土)

【秋の夕焼け空】

【秋の夕焼け空】

ここのトコ…空がすばらしくキレイだ。
仕事を終えて家に帰ろうとすると…空が一面茜色に染まっていた。
あんまりにも素晴らしい色だったので…ボクは、カメラを抱えて…
会社の前の土手を駆け上がると…茜色の世界が広がった。

本当にキレイな茜色…(・O・。)…ドキドキした。


akane001


akane002明るさ調整してみた。akane003編集した時間によって見え方が異なるので;;

左が元ので右が明るくしたものだけど…
いじったのが夕方なので…明るい昼間なら…右のは明るくし過ぎなのだろう;;;
柵の手すりに反射する日差しと…その向こうにかすかに見える水面…
土手の道の彼方にある夜にスイッチが切り替わる外灯の灯りの感じが…
お家に帰ろう…って気分になる(・ロ・)
きっと、おかんがシチュ~を作って待ってくれてるハズなのだ。
(↑あくまでもイメージの中の世界である…www)


akane004

橋の上から…茜色の川を眺めてると…一人の20歳前の男のコに会った…
感動しながらシャッターを切って…写真を撮ってると…ふと声をかけられ…
会社の転勤で春に仙台に来たばかりで友人もあまりいないんだと言ってたそのコと
他愛もない立ち話をしばしした。

『キレイな夕陽ですよねぇ?…写真撮るの好きなんですか?…』…と…

見た感じ…そんな気さくに話しかけてきそうなタイプには、見えなかったので
ちょっと驚いたケド…話してみればなかなか良いコである(^-^)
横須賀から高校を卒業して…就職して知らない地へやってきて…
人と知り合う機会なんてのは、なかなかないものらしい…人がたくさんいるのに…
こうして、ちょっとした機会がないと気軽に話せないというこのご時世も
なんともまぁ、さびしいご時世だと常々感じる…
こういう機会が多ければ…人は…もっと孤独を感じずにいられるのかもしれない…

たった数十分間の夕陽が沈むまでの立ち話は、なんだかとっても楽しかった。
聞けば…ボクの会社は目に見えるソコだし…そのコの家はすぐお隣だった(笑)

隣はどんな人が住んでいるカモわからないというご時世らしいが…
こうして、顔を合して話してみると…なかなか楽しいもんだ。
せっかく、生きてるのだから…たくさんの人とこうして話したり感動を分かち合うのは、
本当にステキなコトだなぁ…と、改めて思った…


akane005

会社のまん前が…土手で良かった…
カメラを持ってて良かった…

ボクが、写真を撮り始めた理由は…同じ空は2度はない…
その感動を形としてとっておきたかったからである…
ステキな茜色のお空…ありがとう(^-^)♪

akane006

…そして…陽は暮れていった…
スポンサーサイト
17:25  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。