2010年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010年10月06日(水)

【完徹】

【完徹】

ここんトコ…釣りにすっかりのめりこんでます。
ハマってる時は、やらずにはいられなくなります;;;

そんなわけで…ゆきちゃんたちと別れた後に、
まっすぐ帰宅せずに…漁港へと行きました。
良さそうなポイントには、すでに釣り人がいて
志津川の漁港では、あまり良い感じのトコを確保できず…
仕方なく、あのちょっと前にハモを釣った女川へ向かった。

ハモを釣ったと、前に書いた日記では言ったのだが…
結局、あれは、ハモではなくあなごで…
おとんもおかんもハモだと言って断言してたので、
とても不思議に思い…あれから調べたら…
三陸の地方では、あなご=ハモになるらしい。
ようするにあなごの地方名がハモとなるそうだ。
実際のハモは、北限はいわき辺りになって、
三陸には生息していないらしい。
つ~こって…ボクが釣ったのは、40センチくらいのあなご♪
そりゃあ、それなりに立派なサイズのあなごだったので
美味しいのは、当然で…そういう意味では…今まで食べたあなごの中で
非にならないんまさだった。(・ω・);;;

と、そんなのを知ったボクは…
再度、あなごがどうしても食べたくなり…
あわよくば…再びあなごなんぞを…と、欲が出て
フラフラ~っと女川へ向かったのだった。

途中、漁村地帯の山間で、民家の敷地から道路を横断して
民家の敷地へとのっそのっそと横切る動物がいて、
その姿に我が目を疑った。
どう見ても…ニホンカモシカにしか見えなかったからだ。
カモシカといえば…高い山などの道路脇なんかで、
よく見かけたコトは、何度かある。
高い山地に生息するものだとばかり思ってたのが、
こんな海沿いにいるとは、思ってもいなかった。
消去法で…牛、鹿…否……と、考える…
首の短さ、色…動き…どれをとっても、どう考えても
カモシカしか当てはまらない。
(後で、NETで調べたら…牡鹿半島には、最近…カモシカも
増えているらしい;;;ビックリだ;;;)

そんなわけで、女川へ向かってると、普通の鹿も3匹くらい目撃し…
やはり、さっきのは、違うよなぁ…などと思ってた。

女川漁港に着いたのだけど、なんとなく落ち着かない感じで
ここ良いカモ!ってトコでは、釣り人がたいていすでにいて
ヘタレなボクは、灯りの確保出来る場所をイロイロと探しあるった。

onagawa001

↑この漁港は、結構キレイなのだけど…ちょっと落ち着かない;;;

月も星もキレイなのだが…なかなか良い場所が見つからない;;;
ちょっと戻って…こじんまりとした漁港で灯りが良い感じで
ある場所を見つけ、釣り人も誰もいなかったので、そこで釣るコトにした。

とりあえず、底釣りかなぁ?と、思ったので…
ナス型オモリをつけて…ハゼ用の9号針にイソメをつけて
ちょっと針が小さそうだよなぁ…と、思いつつ…投げて
マキマキしていると、何回目かでグンっと重さを感じた。
ゴミかなんかだろうか?と、マキマキすると、お魚が動いてる
感触が手元にググイッときたので、嬉しくなってなんだろう~♪と、
マキマキ♪♪

あげると、カレイだった。

onagawa002

今までカレイを釣ろうとして、全くカレイが釣れなかったのに
あなごを釣ろうとしてカレイが釣れた(>_<);;;
なんだか、とっても不思議である。
何はともあれ、釣れてウキウキで、一人でかなり嬉しさに小躍りしつつ…
まさか、釣れると思ってなかったので、バケツもなんにも用意してなく、
次の瞬間…妙な大慌て;;;アタフタと、車まで駆け出し…
竿をカレイがついた状態で放り出し…網とかを準備すると…
ふと、竿の方を見るとネコが駆け寄ってくるのが見えた!

うぎゃあ~~~~~っ!!!

一目散に、獲物を網に入れてトラロープでくくり、海に放り投げた。
釣果が確定するまでやるわけには、いかないのだ。
まるで、ボク自身もネコになって餌の奪い合いのような気分である。

どこから集まってきたのか…いつの間にか、猫が5匹くらい周りに来てて
釣りあげる危機感をヒシヒシと感じつつ…またも同じ仕掛けで何度か
投げてると、マキマキの途中でグンッっと重さを感じた。
キタっ!!心の中でよっしゃあ~!と、ガッツポーズをし…
クルクルとマキマキしてると、手元にくる手ごたえがわりと大きく感じた。
なんだろう???…
海面近くに来たのを確認し、またカレイだぁ~♪と、思った次の瞬間。
海の中からカレイが出た途端にその重みで、竿がしなりググッと海中に
戻された;;;うわっ!ヤバっ!!と、かなり焦りながら…
道糸を手に手繰り寄せ…竿を横に寄せつつ…糸を手で引っ張り上げた。

最初のカレイよりも大きく、かなり感動~!!
周りのネコがわらっと寄ってきて…即座にトラロープを手繰り寄せ…
網の中に…で、針を外そうとしたら…呑みこんでる(T_T)…
仕方なく糸を切って、海にぽい~っと入れておいた。
ネコたちは、目の前の魚を手をつける間もなく見えなくなったので
不満そうにミャ~ミャ~と、鳴いていたが…とりあえず、オアズケ。

明け方3:00過ぎに船釣りの団体さんと、漁師さんがやってきて
何を釣っているのか聞かれたので…あなご狙ってたハズなのだけど
カレイが釣れたと言うと、ここでカレイ釣れるのか???と、妙に驚かれ
あなごだったらよく釣れるけどなぁ…と、言われた。
オイラもあなごを狙ってるのですよ(T_T);;;
で、船釣りで餌にすると思われる生き餌(たぶんいわし?)を
かなり大雑把に網で掬って…ザパ~ン♪と、かきあげにすると旨いから♪
と、言って貰った(・ロ・)!?
あまりに唐突な出来事で驚いたが、袋にかきあつめた。
ピチピチととてもいきが良い(・ω・);;;
で、さっそうと船に乗り込んでさって行った。
海のオトコだねぇ~!!(・▽・)ノありがと~!!と、言って…
見送ると…再び釣り…
すでに4:00を回ってる…今から家に帰ったトコで、無駄なので、
ここからゆきちゃんたちの泊まった鳴子へ向かおうと思った。
仮眠をするか…釣るか…



アホなボクは、当然のようにそのまんま釣りを続けた。

途中、中通しのナツメ型なオモリに変えると、
アタリもヒキもダイレクトに手元にきてすごく楽しかった。
が、釣りあげるコトは、出来ず…一度、結構な重さのヒキを
感じたものの…引っ張られて仕掛けごと持って行かれた;;;
チョイ釣り竿の限界を、ヒシヒシと感じた…orz

明るくなって…

onagawa003

リュウグウハゼが釣れたが…他のアタリは、なく
餌もなくなったので終了するコトに…

onagawa004

結局、持ち帰るのは、カレイ2枚。
大きい方は、たぶん…25センチくらいだった。
携帯の大きさが10.5なので…写真を見て貰えれば
だいたいは、わかるであろう。

なかなか良いサイズである。


その後…ハゼとか漁師さんから貰った小魚なんかを
ネコさんにわけてあげると喜んで食べて、
オナカいっぱいになって満足すると、ボクの周りに3匹のにゃんこが
座り込んで…遊んでくれそうだったので、グリグリ~っと
なでまわしたり…写真を撮った。
カメラを向けると、もっと撮って~♪と、言わんとばかりに
ポーズをとってくれた(笑)

onagawaneko001

onagawaneko003

ボクのお気に入りは、この三毛トラにゃんこさんで、
なかなかの美ネコさんだった。

他には…コゲトラちゃん

onagawaneko002

onagawaneko004

onagawaneko005

大盤振る舞い!w

onagawaneko006

黒猫さんとの2ショット。
テクテクと歩み寄ると…俺も撮ってくれといわんとばかりに並んだ。
黒猫さんは、流し眼な感じでちょっと悪そうでwww
カックイイ感じのコだった。みんな個性が様々で楽しい。

また、釣りに来たら会えるかなぁ?

…しばらく、この3匹とまったり過ごしてると
8時になったので、片づけて…その場を後にした。
途中、氷を買って、お魚を保存。不安はあったものの…
暑くもないし、大丈夫だろう?!と、思った。

onagawa005

onagawa006

女川のキレイな海を眺めつつ朝のドライブである。

でも、そこからの移動がしんどかった。

なんせ、一睡もしてない…orz
コーヒーを飲みつつ…グテグテになって鳴子まで移動した。
で、ゆきちゃんときゃべつさんと合流し、朝風呂で滝の湯へ
なんせ、一睡もせずに風呂も当然、入ってなかったので、
朝のこの風呂は、かなりの気持ち良さだった(^ー^*)♪

その後、栗だんごを食べたり…
日本一になったゆきむすび米のランチを食ったり、
観光スポットを回ったりして…夕方、福の湯に浸かって
あがってからゆきちゃんたちとは、別れ…
各自、家路についた。
まっすぐ家に帰ると、おかんにカレイを差し出し…
また、帰らずに釣りに行ってたのか???と、呆れられw
でも、釣りには、わりと寛大っぽい(・ω・)

その後、布団に入っていつの間にか寝てた。
2日分たっぷりと寝た。

朝…起きて、茶の間に行くと、
おとんとおかんが朝ごはんを食ってて、すでに食べ終わるトコだった。
食卓には、骨だけになったカレイの煮付けが、おとんとおかんの前に…

…あれっ?!…味見は…

(T_T)…3匹釣らないと、ボクの口には入らないらしい…orz



3匹のハードルは、まだ高い;;;
スポンサーサイト
17:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010年10月06日(水)

【志のや8回目】

【志のや8回目】

土曜日にゆきちゃんときゃべつさんが突然仙台に遊びに来るコトになった。
ボクは土曜は仕事なので、土曜の夜ご飯と日曜に一緒に遊ぶコトになった。
とりあえず、ゆきちゃんときゃべつさんの宿を探して…
とっても格安のキレイで良さそうな温泉旅館を素泊まりで予約した。
これがなかなか良さそうな宿で、ボクも機会があったら泊まってみようと思った。
時間の関係で、新潟から車で来るゆきちゃんが先に宿にチェックインして、
ゆきちゃんは、そのまま志のやに向かって貰い、千葉から新幹線で来る
きゃべつさんは、ボクが最寄りの駅で拾って、志のやに向かうコトになった。

向かってっる途中、事故渋滞にハマってかなり迂回するハメになったりしたが
20:00過ぎにやっとこさ志のやに到着。ゆきちゃんと合流。
で、カウンターに座って食事をした。

sinoya8001

まずは、なめろうが出てきた。
味噌がかなり白米と良く合う♪3人であんまり、んまいんまいと
言うもんだから…親方が、おかわりをくれました(笑)

ゆきちゃんは、キラキラ丼を注文。

sinoya8006

きゃべつさんとボクは、雑誌の企画などのではじまるとかって言う
ピチピチ定食とかってのを注文。
カツオの刺身定食って感じです(・ω・)

sinoya8002

この内容で…800円とかって安さっ!!

sinoya8004

お刺身は、本当に美味しくて…白米がよく進むw
なめろうは、おかわり貰っちゃったし…3人とも
ご飯をおかわりしちゃいました(笑)

sinoya8005

この日の汁ものは、山形風芋煮。
山形風なので、牛肉で醤油ベースです。
これもおかわりしたい程に好みの味でした。
(おかわりはしなかったけどw)
それと、ボクは、単品でいくらも注文。

sinoya8003

おかわりした白米にぶっかけて食べました♪
これまためっちゃんまかった(>▽<);;;

カウンターで3人で閉店時間を超えるまでたっぷり話しこみました。
今日も、オナカがめちゃめちゃいっぱいですごく満足しました。
来週のタコ飯を親方にお願いしておいて店を出ました。
もはや…常連な気がしてきた(笑)

ゆきちゃんときゃべつさんは、宿に向かい…
ボクは、自宅へ向かうので解散し、翌日のなんとなくの時間の約束をし
満腹感で満たされたまま、眠い目をコスって帰途へとついた。


…が、これには続きがある…
次の日記へ…GO!!
14:45  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010年10月01日(金)

【猫の島】

【猫の島】

朝早く起きて、猫の島へ行こうと思って…家を出て鮎川港へ行った。
のんびり釣りを楽しもうかと思ってたので、餌を買ってったり…と、
鮎川へ…到着した時には、すでに船が出た後だった…orz

早起きしたにも拘わらず…乗り遅れてしまったボクは、次の時間を
アレコレ調べたら…早い時間ので…12:00石巻出発のしか、なくて
鮎川からのその後の時間のに乗ると日帰り不可能になってしまうという;;;
あぁ…時間をちゃんと調べてくるべきだった;;;(+_+);;;
思いがけなくAMまるっと時間が開いたので…鮎川から石巻へ向かいつつ…
適当なトコで釣りをしつつ…12:00のフェリーに間に合うように
船着き場へ行こうと…思いつつ移動…

926001

一見穏やかに見えるのですが、台風の去った後の影響で
高波らしく…思った以上の水の濁りと荒さ…
釣り糸は垂らしてみたものの…一向にあたる気配なし;;;

そうこうしてるうちに時間もだいぶ経ったので…石巻の
フェリー乗り場へ…船に乗って猫の島と言われる田代島へ向かいます。
船に乗り込んで出港してから、切符を売りにきます。

926002

田代島の仁斗田港まで約1時間…

926003

途中…防波堤を見ると本当に高波らしく…
防波堤をゆうに超えた波がザブンザブン波しぶきをあげていた。

…こりゃあ、コワイ;;;

そういえば…昨夜は月がまん丸だった気が…
と、いうコトは…大潮か(・~・);;
そんなコトを考えてつつ…青空と青い海を眺めながら
田代島へと向かった。

926004

南の島のようなエメラルドグリ~ンな海です(´▽`)♪
牡鹿半島や海…そして…たくさんの船を眺めながらの1時間は
あっと言う間で…島へ到着。

船から降りると…ハートのしっぽのネコさんは、どこかなぁ???
と、カメラを片手に探し始めたのですが…
降りてスグは、ネコの姿は見えなかったのだけど…
どこからともなく…ワラワラ~っと出てきて…
どう見てもノラ状態で生息しているのに…人に臆するコトなく
寄ってくる寄ってくる…;;;

926005

なでてぇ~♪と、言わんとばかりにすり寄ってくるコもいて
なでてあげると満足そうに転がったり…
別のコにも同じように手を出そうとすると…ネコパンチされたり…
個性も様々…集落をテクテク歩いていると…至るトコから
やはり出てきて…どこから出てきてもちっとも不思議じゃあない。

926006

子猫もいました(^^)

926007

しっぽが短くて妙にカワイイwww

926009

こんな子猫ちゃんも♪(^^)♪

926010

妙に黒いコ(・ω・)

926011

926008

たくさんのネコさんに遭遇しながら…ゆったり坂を上って
マンガアイランドまで行き…中でいろんな漫画家が
ネコを描いたサイン色紙を見たりしつつ…館内の人に
ハートのしっぽのコがどの辺にいるのか尋ねてみると…
ボクが通り過ぎてきたトコにいるらしい…
時間もそんなにないので、また、戻って行くと…
相変わらず、またたくさんのネコに出会い…ボクの後を
ついてくるコもいた。

926012

背中にヘンテコな寝癖のようなのがついたコが、妙になついて…
その後…港で釣りをしてるボクの横でぴっとりとくっついてた(。・д・)

926013

ざっと、見てもばらっとだけどこんなにネコ…
カメラに入ってないトコにも当然、アチコチで転がってて
なんとものんびりとしているこのネコたちの人への慣れてる感じ
などから…人間は、友達♪と、いうような感覚なのカモしれない。
それでも、半ノラのような感じなので…カラスに目を潰されちゃったコ
とかも結構いた。それでも、ここのネコは
きっと…幸せなネコなのだと思った。

926014

こののんびりした港でねぐせなネコちゃんと隣り合わせて
釣り糸を垂らした。漁師さんに、台風の後だから…釣れないよ
と、言われた通り…この日もカニしか釣れなかった。

…が、ネコには、妙に癒される島でした。
ノラなので…決してすんごくキレイってわけなネコではないのだけど…
それでも、やっぱしネコは、カワイイ(・д・*);;;

時間的に中途半端な時間だったせいか、固まってる写真は撮れなかったケド
たくさんのネコに会いました(^^)

926015

あっと言う間の2時間半でしたが…
楽しく過ごせた。ハートのしっぽのネコさんは…
また来た時にゆっくり探そうっと♪♪

また、1時間船に揺られ…石巻へ着いて…
めっちゃ短い船旅は終了。
釣り餌のイソメがガッポリ残ってしまってたので、
そこから女川へ移動して…女川の漁港で暗くなっても
釣り糸を垂らした。

あたりは、あるものの…うまくかかる前に焦って上げてしまい
何度も採り逃がし…目の前には、無数の魚が群れて見えるのに
全く釣れず…orz
なんでやねんっ!!と、四苦八苦してると、妙な引きを感じ…
巻いてみた。何やら重い…動いてる反応もあり…何がかかったんだろう?
…と、ワクワクして巻いたら…うなぎのような長いものが!!

!!これって!!アナゴじゃね???

めちゃめちゃテンションが高くなって暗がりの中…
ウヒャヒャと小躍りしつつ…糸を外そうと…したが、
針を呑みこんでて全く駄目;;;仕方なく糸を切った。

でも…ヤッタよ!!
食える魚らしきものが釣れたよ~♪♪ワーイ♪♪
めちゃめちゃ元気でバケツからも出ちゃいそうな新鮮さ;;

926016

お腹も減ったし…寒くて車の中から釣ってたのだけど
温泉にも入りたくなったので、釣りは終了にした。

そして…すぐそばの女川駅にある温泉へ…

926018

この日は、ちょうど26日で風呂の日で、500円の入浴料が
半額の250円になってた。すごく得した気分で温泉に浸かった。
駅に隣接してるコトもあってか…ここの施設内には、
車両をまるごと利用したお座敷列車の休憩室もあるのだが、
閉店間近だったので、入口は、閉まっていた。(残念;;)
でも、列車の座席のようなシートが、片隅にあって…
ちょっとドリフとかのセットのような雰囲気を醸し出していた(笑)

926017

コントが出来そうであるwww
きっと…鉄っちゃんは、喜ぶないようが盛りだくさんに違いないw

21:00もすっかりまわってたので…入ってみたかった店も
すっかり閉まっていた(+_+)オナカは、ペコペコだったので、
おやぢの定食屋な感じのトコに入ると…肉野菜定食(ハーフラーメン付き)を注文

926019

かなり多くてさすがに食いきれなかった(>_<);;;
頑張って、ラーメンとおかずは、ほぼ完食した。白米が思った以上の量だった…orz
食べきれなくてごめんなさい;;;と、言い残して帰途へついた。

途中…妙に眠くなった;;;満腹になり過ぎた;;;(+_+)

翌朝…おかんとおとんに…コレ、釣ってきたの!!食える???
と、聞くと…

『ハモだべや?!』と、口をそろえて言われた。

ガ━━(゚Д゚;)━━ン!
40センチくらいの個体だったのだけど…そのせいか…顔がさほど
凶悪ではなかったので、判別できてなかった;;;
が、ハモらしい…途端にガックシきて…会社へ向かった。

おとんが、それを見て鮮度を見たら…生きがいいからんまいんじゃないか?と、
会社から帰宅したらキレイにさばかれていた。
すでに死んでいたと思っていたのに…さばく時に、まだ生きていたらしい。
翌朝…天ぷらにして食べたら…全く臭みはなく…とても美味しくてビックリ!!
骨が多いと言われてるが…全く気に成らず…
アナゴよりもすごく上品な味わいに感じた。(・ω・)
ハモは、実は…はじめて食べたのだけど、こんなにんまいと思わなかった。

とにかく、美味しく食べれるものが釣れて良かった(^^*)♪
16:49  |  のりぷぅ☆彡  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。